So-net無料ブログ作成

ハルピン市内観光 その4 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

スターリン公園、松花江防洪記念塔から南へ少し歩いて中央大街へ。『東方のパリ』と称された西洋風のロシア統治時代の建物が残された通り。とてもアジアのイメージとはかけ離れたヨーロッパの町並みが広がる。わざとらしさは微塵もない。
S0100300.JPG
S0100302.JPG
S0100305.JPG
S0100310.JPG
S0100311.JPG
S0100312.JPG
S0100313.JPG
S0100316.JPG
S0100317.JPG
S0100318.JPG
S0100319.JPG
S0100320.JPG
S0100321.JPG
S0100322.JPG
S0100323.JPG
ハローキティは中国でも人気。ハローキティパークというちゃんとサンリオが許可したテーマパークもある。休憩で入った喫茶店で。英語が通じず、四苦八苦。うっかり集合時間ギリギリですぐに出る。
S0100324.JPG
S0100327.JPG
ゲンゴロウみたいなもまであるがこれも食べるのか?

ハルピン市内観光 その3 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

黒竜江省、ハルピン市内を流れる松花江スターリン公園へ移動。
S0100246.JPG
S0100247.JPG
ハルビン市はポプラの樹が多く、丁度6月は花が咲いてそこらへんに種が飛ばされていた。
S0100249.JPG
満州国時代はスンガリ川。アムール川最大の支流。スターリン公園。
S0100250.JPG
S0100252.JPG
S0100253.JPG
S0100254.JPG
S0100255.JPG
S0100256.JPG
S0100258.JPG
公園を歩くと物々しい迷彩服姿の団体が。清掃活動などをする市民も混じった行進。一般市民も混じっているので緩い感じに歩く。
S0100262.JPG
S0100263.JPG
S0100269.JPG
S0100271.JPG
ポプラの種。
S0100277.JPG
S0100282.JPG
S0100283.JPG
S0100286.JPG
S0100287.JPG
S0100292.JPG
S0100297.JPG
S0100298.JPG
S0100299.JPG

ハルピン市内観光 その2 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

ハルピン市内は中国国内でもヨーロッパ建築が多い所。ロシアの影響下にあった時代が20世紀初頭。満州国家建設が1932年。白系ロシア人の移民も多かったが中にはナチスの迫害を恐れて移民してきたユダヤ人もいた。日本の傀儡国家だったが新国家建設に援助もあって近代的な建物が次々と建ったという。
S0100221.JPG
ロシア人と満鉄社宅、現在中国人が住む建物を後にした。
S0100222.JPG
聖ソフィスカヤ大聖堂へ。1907年、帝政ロシアの兵士の為の軍用教会として建築。当時は日露戦争の2年後。
S0100224.JPG
時々ウェディング姿の人がいた。
S0100225.JPG
S0100227.JPG
S0100228.JPG
S0100229.JPG
S0100230.JPG
S0100231.JPG
S0100233.JPG
S0100234.JPG
中はというと20世紀初頭の建築時の写真の展示。
S0100235.JPG
S0100236.JPG
S0100237.JPG
S0100238.JPG
S0100240.JPG
IMG_6801.JPG
IMG_6811.JPG
IMG_6814.JPG
IMG_6815.JPG
S0100241.JPG
今は使う人も読める人もいなくなったという満州文字。

ハルピン市内観光 その1 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

仕事が忙しい!旅行記再開するぞ。
S0100157.JPG
ホテルの隣が人民解放軍の訓練所?みたいだった。
S0100165.JPG
朝の渋滞。
S0100166.JPG
S0100167.JPG
S0100168.JPG
S0100169.JPG
ロシア正教会 聖ソフィスカヤ大聖堂。この後で観光する。
S0100170.JPG
S0100173.JPG
S0100175.JPG
S0100188.JPG
旧満鉄の社宅だった建物。建物自体はロシア人の家だったそうですが、満州国時には社宅。戦後~現在は主は中国人に変わって現在では商店が並ぶ。
S0100190.JPG
S0100192.JPG
S0100193.JPG
S0100195.JPG
ここからハルビン工業大学の校舎。前身はハルビン中露工業学校で東清鉄道を運営していた奉天軍閥が鉄道技術者の育成を目的に開校したものだった。
wiki「ハルビン工業大学」
S0100196.JPG
S0100197.JPG
S0100198.JPG
S0100199.JPG
S0100200.JPG
S0100201.JPG
S0100202.JPG
S0100203.JPG
S0100204.JPG
S0100205.JPG
S0100206.JPG
S0100207.JPG
S0100208.JPG

『うどんの国の金色毛鞠』 [本・漫画]




公式サイト http://www.udonnokuni-anime.jp/

珍しくアニメ紹介!
香川県PRに一役貢献するぞ!

10月8日より日本テレビ系各チャンネルにて放送開始!

地元香川ではローカル線『琴平電鉄』も去年からラッピング車が走っていたりと秘かな盛り上がりを見せておりました。静かで優しい愛あふれる世界の物語です。コミックスも発売中!

物語:東京でWEBデザイナーとして働いていた俵宗太(30歳)はうどん屋を経営していた父の訃報により、実家のある香川県に里帰りしていた。父の葬式も済み、東京に戻ろうという先に実家のうどん釜の中で眠る小さな男の子を発見する。どこの子供かはっきりしない宗太はしかたなくその子を保護するが、その子には尻尾も耳も生えており、仰天する。その子は狸だったのだ。

どこか見覚えのある香川の風景に狸の子供と30歳独身男性の奇妙な生活が始まる。

実際、香川でタヌキは多いです。他にも山にはイノシシ、サル、ウサギ、トマコ(イタチの仲間)などもいます。ローカルな話題が多い本作。地元の話題に触れて懐かしさを感じたりと、楽しんで読んでおります。

黒竜江省哈爾濱市 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

S0100101.JPG
大連北駅から中国版新幹線CRH、哈爾濱西駅(ハルピン西)駅に到着。日本と同じく新幹線は専用駅が多い。
S0100103.JPG
中国語ガイドはリンさんという人だった。現在ハルピンでも建築ラッシュでここ4~5年で筍のようにマンションが建ち並び、市内は様変わりしているという。
S0100104.JPG
S0100105.JPG
S0100106.JPG
S0100107.JPG
S0100113.JPG
S0100115.JPG
S0100119.JPG
S0100121.JPG
S0100124.JPG
S0100126.JPG
S0100131.JPG
ロシア国境に近いところでもあって今日の夕食はロシア料理のお店。店内はアールヌーヴォというか完全欧羅巴インテリアの高級感あふれる雰囲気。
S0100132.JPG
S0100141.JPG
店内を出ると丁度雨上がり。ハルピンの年間降雨量は500mm程で常に乾燥しているそうだがこの晩珍しく雨が降った様子。
S0100144.JPG
S0100153.JPG
今日のホテルに到着。フォーチュン・デイ・ハルビン。
S0100154.JPG
S0100155.JPG

大連北駅⇒哈爾濱西(ハルピン西)駅 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

S0100050.JPG
中国版新幹線CRHの乗り心地は中々だった。2011年のあの事故の教訓は何か活かせられたのかしらと思いながらハイスピードで流れる外の風景を見ていた。
また終戦後、満蒙開拓団の人たちはこの広大な土地を着の身着のまま、我が子を背負い、野犬や盗賊、ソ連兵に脅えながら歩いていたと思うと胸に響く。この途方もない畑の中を、ただただ歩く心細さ。命がけの大移動だった。
若尾文子のデビュー作で『死の街を脱れて』(52年・大映)という映画がある。満州引き揚げの苦労が垣間見れる映画、お勧め。
S0100053.JPG
S0100055.JPG
S0100056.JPG
S0100058.JPG
S0100059.JPG
S0100060.JPG
S0100061.JPG
S0100063.JPG
S0100066.JPG
S0100069.JPG
S0100075.JPG
原発?
S0100076.JPG
S0100077.JPG
S0100080.JPG
S0100081.JPG
S0100082.JPG
S0100085.JPG
S0100086.JPG
S0100092.JPG
S0100094.JPG
S0100098.JPG

中国・大連(ダーリェン)へ。 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

一年前の旅行を記事にしていきます。2015年5月末~6月の話。

毎年一回の家族旅行、私と姉と母の3人は今年はどこにしようと考えた先は中国、東北部。「いつかロシア国境付近の黒竜江省に行ってみたい。」と母は言っていたが、いいツアー先が見つからず、中国東北部を巡る旅にしようと決まった。旧満州あたりのこの地方は20世紀初頭は怒涛の歴史で日本も絡んだ大陸の数か国が絡んだ国勢の舞台にもなった場所です。見るべきものは多数あります。
IMG_6790.JPG
関空から大連国際空港へは2時間半ほど、機内食1回で「もう目的地?」といった感覚でついた。
IMG_6793.JPG
国内線並みの早さに驚く。
IMG_6796.JPG
到着した先は快晴。関空出発前は梅雨時で曇りがちな天気で、少し肌寒い感覚だったが大連は暑い。少し寒いかと防寒対策を少ししていたが拍子抜け。日差しも強かった。
S0100009.JPG
空港からバスで大連北駅に移動。中国版新幹線CRHに乗って哈爾濱(ハルピン)まで向かう。
大連北駅は2011年に開業。吹き抜けの大きな作りでとてもきれい。チケットを見せ、金属探知機を潜って駅の中に入る。
S0100011.JPG
出発まで少し時間がるので駅中の売店をブラブラ。青果も売ってる。新幹線の中で食べてもいいらしい。
S0100016.JPG
S0100018.JPG
S0100020.JPG
食べると千年生きるという蟠桃園の桃を孫悟空が盗み食いするという『西遊記』のエピソードがあるがこの果実は観賞用かな?食べると災いがありそう。
S0100021.JPG
大連は海に囲まれているので海鮮ものが多い。
S0100023.JPG
S0100024.JPG
S0100025.JPG
S0100027.JPG
S0100028.JPG
招き猫は日本発祥だと思うが商売繁盛の御利益の縁起物として中国でも人気になりつつある。風水に興味のない中国人もいるが縁起物に傾向する人は多い。
S0100029.JPG
S0100030.JPG
ハルピンまで904km、(東京~福岡間の距離885km)遠い。
S0100031.JPG
2時間ほど待って新幹線へ。プラットホームへはチケットを提示してモギリをしてもらってから入れる。プラットホームへは簡単に入れないようになっている。ゴミ箱もない。
S0100037.JPG
S0100038.JPG
S0100039.JPG
大連北駅から出発。少々振動はあるが静か。新幹線に余り乗らない私には十分静かに感じました。
S0100040.JPG
S0100043.JPG
大連北駅で買ったスモモを頂く。ハルピンまで4時間。
S0100046.JPG
S0100049.JPG

コトルの街 その2 [モンテネグロ旅行記(14年6月)]

DSCF1896.JPG
モンテネグロと日本の歴史、書類上の100年戦争。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2#.E9.80.A3.E9.82.A6.E5.86.8D.E7.B7.A8.E3.81.8B.E3.82.89.E5.86.8D.E7.8B.AC.E7.AB.8B.E3.81.B8
https://www.youtube.com/watch?v=g6gZx0iEfP0
日露戦争が1904年~5年、モンテネグロ国王ニコラ一世の治世から憲法ができたのが1905年。独立はその前の1878年からで、まだまだ国として出来上がっていなかったころのモンテネグロ(日本も憲法公布は1889年)。実際、宣戦布告したという書類もなく、ポーツマス条約ではロシアが呼ばずに忘れ去られ、日本は参戦していたかどうかも知らなかったという。
ロシア、セルビアは先祖代々の領土を奪い返した国(露土戦争後、ベルリン会議で領土確定)、ということならロシアの敵は日本ということで義勇兵を満州に送ったということまではわかっている。そもそも義勇兵の定義は自発的に参加した正規軍ではない存在だ。

モンテネグロがセルビアから独立したのが2006年でわずか10年前。旅行当時は8年前でしたがモンテネグロ人も日本との宣戦布告の歴史は知らないように思う。なによりサラエボ事件がすぐ近くのボスニア・ヘルツェゴビナで起こったことからそちらの方が重要だ。
DSCF1897.JPG
DSCF1898.JPG
DSCF1900.JPG
DSCF1901.JPG
DSCF1903.JPG
聖ルカ教会。
DSCF1904.JPG
モンテネグロは地震国なので幾度か被害を受けている。聖トリフォン大聖堂の二つの鐘楼は修復されているが実際は北側にもう一本あったという。
DSCF1905.JPG
DSCF1906.JPG
DSCF1907.JPG
DSCF1908.JPG
DSCF1910.JPG
DSCF1911.JPG
DSCF1912.JPG
DSCF1913.JPG
アイスクリームを頂く。ユーロに入っていないのにユーロが流通貨。不思議。思えばこのカフェテラスはアイスクリーム屋さんのではなかったのでは?
DSCF1919.JPG
滞在2時間ほどでコトル観光は終わり。滞在時間が短いのはモンテネグロ国境の通過審査でスケジュールがうまく組めない為だったが早目に終わり、コトル観光も早々としていなければドゥブロヴニクのように半日かけて滞在したいところだった。
モンテネグロ、アドリア海側のスベティ・ステファン。『007』シリーズでも舞台になったという美しい出島。バスが途中止まってくれました。
DSCF1920.JPG
DSCF1921.JPG
DSCF1922.JPG
DSCF1923.JPG
止まった道路にあったお土産売り屋さん。
DSCF1924.JPG
モンテネグロの首都、ポトゴリッツァまで。
DSCF1926.JPG
DSCF1929.JPG
DSCF1933.JPG
DSCF1936.JPG
DSCF1938.JPG
DSCF1939.JPG
首都のポトゴリッツァの観光ができないのは残念でしたがこの後イスタンブールへ(2時間)。ビジネスクラス利用者のラウンジで7時間を待ち抜き(高級感ある場所でシャワーあり、食事もできて何も不自由しなかった)、イスタンブールから11時間かけて関空へ。(食事は行と同様のビジネスクラスの食事サービスが寝る前にある。食べきれない。
今回は体調が崩れることがなかったのでよかった。ビジネスクラスという贅沢な旅でしたが何より素敵な観光地、(スロベニア、クロアチア、モンテネグロ)アドリア海が美しい。食事が美味い。とすべてがそろった観光でした。

週末忙しくて旅日記に色々時間が掛かってしまいましたがこれにてスロベニア、クロアチア、モンテネグロ旅行記は終わりです。見てくださった方ありがとうございます。

コトルの街 その1 [モンテネグロ旅行記(14年6月)]

DSCF1842.JPG
アドリア海の湾にある港街。コトルは1979年に世界遺産登録。14世紀から17世紀末までのヴェネチア共和国の支配下で様々な建築物が建てられた。城壁は当時の物。
DSCF1844.JPG
ドゥブロヴニクでの印象もそうだったけど、迫りくる石灰岩の山の下で密集した町並みがとてもいい風情。
DSCF1847.JPG
城壁手前の入り口駐車場。世界遺産なので観光客も多いがこの日は少なかったと思う。
DSCF1849.JPG
DSCF1850.JPG
DSCF1851.JPG
DSCF1852.JPG
DSCF1853.JPG
DSCF1855.JPG
DSCF1856.JPG
DSCF1857.JPG
DSCF1858.JPG
DSCF1859.JPG
DSCF1860.JPG
聖トリフォン大聖堂
DSCF1861.JPG
DSCF1862.JPG
DSCF1870.JPG
DSCF1877.JPG
DSCF1878.JPG
DSCF1879.JPG
DSCF1880.JPG
DSCF1881.JPG
そこにいると踏みそうで怖い。
DSCF1882.JPG
DSCF1886.JPG
DSCF1887.JPG
小さな門から外へ出られる。
DSCF1894.JPG
DSCF1895.JPG