So-net無料ブログ作成
検索選択
トルコ旅行記(10年11月) ブログトップ
前の10件 | -

カタールの夜 [トルコ旅行記(10年11月)]

トルコ旅行記で後日カタールのことを書くと言いながら幾数月。続きを今更ながら。

飛行機の乗り継ぎの関係上、カタールのドーハ空港で時間つぶしの為、アラブの一国、夜のカタールを数時間だけおでかけ。夜なので今一つ風景が分からなかったです。
トルコ7 (78).jpg
トルコ・イスタンブール国際空港。
IMG_3907.JPG
ドーハ国際空港にて。カタールはイスラム色が強くて男性は伝統的なソーブといわれる足首まである白いシャツに頭にゴトラをかぶっている。(なので男性でもトイレ便座のあるトイレで用をたす。)女性は黒のアバヤにベールを着ている。しかしこれは外での正装で、家の中ではかなり自由な服装をしているらしい。子供も大きくなるまではシャレた洋服を着ている。観光客もこういった人にカメラを向けるのはトラブルのもとになるので注意しろとのことだった。
IMG_3918.JPG
ラクダレースのラクダの牧場で見学。実は許可を取ってない。フラッシュで驚かせないよう暗がりで撮影。
トルコ7 (79).jpg
「ドーハの悲劇」で有名なアル・アリ競技場。2011年のアジアカップでは日本代表チームの練習場として使用。思ったほど大きくない。
トルコ7 (80).jpg
トルコ7 (81).jpg
トルコ7 (82).jpg
野菜市場の中。
トルコ7 (88).jpg
ドーハのバザール(場所の特定はできず。)色々
トルコ7 (89).jpg
IMG_3933.JPG
IMG_3934.JPG
トルコ7 (90).jpg
トルコ7 (91).jpg
狭い路地が多いが白塗りの壁で結構明るい。
トルコ7 (92).jpg
トルコ7 (93).jpg
トルコ7 (97).jpg
途中高層ビルの街並みや首長の宮殿なんかも観ました。カタールは真珠の採取が盛んだった所なのですが日本の真珠養殖のショックで飢餓も起ったそうです。しかし石油採掘でものすごく裕福な国として成長。外国資本の参入も相まって国際都市としても発展している。アルジャジーラテレビ局もドーハにある。街中を走っているのは高級車も多いが日本車も結構観られる。人口はイランやパキスタン、インドからの出稼ぎ労働者によりカタール国籍の人より多いらしい。
トルコ7 (98).jpg
この後、飛行機の時間になったので日本に帰国しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グランドバザール [トルコ旅行記(10年11月)]

これでトルコ旅行記も最後。
ブルーモスクを見終わった後で近くのレストランで夕食。
トルコ7 (44).jpg
トルコ7 (46).jpg
明けてホテルからバスでグランドバザールに出発。
トルコ7 (50).jpg
トルコ7 (51).jpg
トルコ7 (53).jpg
トルコ7 (54).jpg
トルコ7 (57).jpg
グランドバザールの入り口。なんでもそろう市場だが工芸品やお土産屋が多い印象。
トルコ7 (58).jpg
これから開店。人通りも多くなる。
トルコ7 (59).jpg
T-シャツ色々。
トルコ7 (60).jpg
売り場は広いが端から端まで歩いて10分程。網目のように入り組んでいるので迷うとなかなか出られないと思う。
トルコ7 (62).jpg
トルコ7 (63).jpg
トルコ7 (64).jpg
トルコ7 (65).jpg
トルコ7 (66).jpg
トルコ7 (67).jpg
スカーフを3枚買いました。
トルコ7 (68).jpg
トルコ7 (69).jpg
トルコ7 (70).jpg
トルコ7 (71).jpg
トルコ7 (72).jpg
トルコ7 (73).jpg
トルコ7 (74).jpg
トルコ7 (75).jpg
トルコ7 (76).jpg
この後、イスタンブール空港で飛行機に乗ってカタールのドーハ空港で夜のカタール観光(後日紹介します。)して関空へと帰りました。トルコ旅行記も遅れに遅れてとうとう半年を過ぎてしまいました。フィルム写真はスキャニングが面倒で、見て下さる方には暗過ぎたり不鮮明で分かりにくい写真の数々だったと思います。
トルコの印象としては僕はパムッカレからコンヤへと行くバスの中で見た広大な大地の美しさと、カッパドキアの渓谷、アンカラへ行く途中に見た陽が沈むトゥズ湖の美しさでしょうか。日本だと山と緑の自然に密集した建物の風景しか見たことがなかったのですが、これほど大地が広いと感じた風景は見たことがありませんでした。そして時期として夏が過ぎた秋頃のことだったので空気が澄んでいたこともあります。太陽と大地とそこに生きる人たちを感じた旅でした。トルコは魅力的な国だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブルーモスク [トルコ旅行記(10年11月)]

アヤソフィアからブルーモスクはそれほど離れていない。ここはモスクとしてちゃんと機能している。靴は脱いで袋に入れてから入る。
トルコ7 (11).jpg
トルコ7 (13).jpg
トルコ7 (14).jpg
トルコ7 (15).jpg
トルコ7 (16).jpg
トルコ7 (17).jpg
トルコ7 (18).jpg
ステンドグラスが淡いブルーなところからブルーモスク。
トルコ7 (19).jpg
トルコ7 (20).jpg
トルコ7 (21).jpg
トルコ7 (22).jpg
トルコ7 (23).jpg
トルコ7 (24).jpg
トルコ7 (25).jpg
トルコ7 (26).jpg
トルコ7 (27).jpg
トルコ7 (28).jpg
トルコ7 (29).jpg
トルコ7 (30).jpg
トルコ7 (31).jpg
トルコ7 (32).jpg
トルコ7 (33).jpg
トルコ7 (34).jpg
トルコ7 (35).jpg
トルコ7 (36).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アヤソフィア その2 [トルコ旅行記(10年11月)]

アヤソフィアはビザンティン建築の最高傑作と評価されている。
トルコ6 (64).jpg
トルコ6 (66).jpg
トルコ6 (65).jpg
トルコ6 (67).jpg
トルコ6 (68).jpg
トルコ6 (69).jpg
少し歪んでる。
トルコ6 (70).jpg
天井のモザイクタイルも見事なもの。
トルコ6 (71).jpg
トルコ6 (72).jpg
トルコ6 (73).jpg
トルコ6 (74).jpg
トルコ6 (75).jpg
トルコ6 (76).jpg
トルコ6 (78).jpg
トルコ6 (79).jpg
トルコ6 (80).jpg
トルコ6 (77).jpg
トルコ6 (82).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アヤソフィア その1 [トルコ旅行記(10年11月)]

礼拝堂として波乱万丈の歴史を歩んできたのがここアヤソフィア。東ローマ帝国の時代より、キリスト教会堂だったのがオスマントルコの時代にはイスラムモスクになったり、騒乱や地震で破壊されたりを繰り返し、モスクとしての役割を終えて1985年に世界遺産に登録される。キリストの描かれた壁は漆喰で塗り固められていたが、500年近く経ってアタチュルクが博物館としてここを開放し、ようやく日の目をみることになった。
トルコ6 (38).jpg
トルコ6 (39).jpg
トルコ6 (40).jpg
トルコ6 (41).jpg
トルコ6 (44).jpg
トルコ6 (45).jpg
トルコ6 (46).jpg
トルコ6 (47).jpg
トルコ6 (48).jpg
トルコ6 (49).jpg
トルコ6 (50).jpg
トルコ6 (51).jpg
トルコ6 (52).jpg
トルコ6 (53).jpg
トルコ6 (54).jpg
トルコ6 (55).jpg
トルコ6 (56).jpg
トルコ6 (57).jpg
トルコ6 (58).jpg
トルコ6 (59).jpg
トルコ6 (60).jpg
トルコ6 (61).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ボスフォラス海峡クルージング [トルコ旅行記(10年11月)]

後少しで旅行記も完了。ゴールは見えた!
アンカラエキスプレスで一晩でイスタンブール戻った。朝早くの市内を少し観光して、ボスフォラス海峡から欧州、アジアサイドの両岸を見るクルーズに行きました。表記としてボスポラスもあるみたいですが、こちらに統一します。ダーダネルス海峡とで黒海とマルマラ海、エーゲ海、地中海をつなぐ海上交通の要。
トルコ5 (72).jpg
曇ったり晴れたりの天気でフィルターをかけた写真のできはいいものではないです。あしからず。
トルコ5 (73).jpg
トルコ5 (74).jpg
ドルマバフチェ・ジャミイ
トルコ5 (76).jpg
ドルマバフチェ宮殿。
トルコ5 (77).jpg
トルコ5 (78).jpg
トルコ5 (81).jpg
チュラーン・パラスホテル。
トルコ5 (82).jpg
トルコ5 (85).jpg
第一ボスフォラス大橋。橋は日本の技術供与により耐震工事が完了したとか。また2012年に海峡の下に地下トンネルが開通予定。
トルコ5 (86).jpg
トルコ5 (90).jpg
トルコ6.jpg
トルコ6 (2).jpg
トルコ6 (11).jpg
トルコ6 (26).jpg
陸に上がって旧市街の方、アヤソフィアに向かう途中の建物。火事になっても焼け跡はまだそのまま。古い建物は景観から、建て直しは政府の許可が必要だとかで元通りに復元するという。
トルコ6 (27).jpg
トルコ6 (29).jpg
テオドシウスのオベリスク。元はエジプトの紀元前15世紀の物。
トルコ6 (33).jpg
トルコ6 (31).jpg
蛇のオベリスク。元はギリシャ、デルフィのアポロ神殿に紀元前479年に建てられた物。
向こうにコンスタンチノーブルのオベリスクがあるのですが改修工事中でした。
トルコ6 (34).jpg
ヴィルヘルム二世の泉。
トルコ6 (35).jpg
トルコ6 (37).jpg
歩いているとちょうど結婚式に行く夫婦に遭遇。トルコの結婚式について詳しくは『トルコで私も考えた 21世紀編』高橋由佳利著にも書かれてありますが、トルコの宗教的価値観も様々なので欧米式やその土地伝統にそった形で行うこともできます。イスタンブールは特に欧州の文化の影響が強いのでドレス姿なのかも。
トルコ6 (36).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アンカラ・エキスプレスに乗って [トルコ旅行記(10年11月)]

首都アンカラからイスタンブールを夜行で結ぶアンカラ・エキスプレス。日本では夜行列車が少なくなってきているがバスより列車の方が好きだなぁ。
IMG_3820.JPG
出発が夜遅いのでそれまでアンカラ駅中のレストランで待っていた。
寝台一等車の中はというと2人一部屋、水道完備で冷蔵庫もある。中のミネラルウォーターお菓子はもらえる。列車が動いて少しすると係の人がベッドメイキングに来てくれる。
トルコ5 (38).jpg
トルコ5 (39).jpg
トルコ5 (41).jpg
トルコ5 (42).jpg
トルコ5 (43).jpg
トルコ5 (44).jpg
トルコ5 (45).jpg
トルコ5 (46).jpg
トルコ5 (47).jpg
トルコ5 (48).jpg
トルコ5 (49).jpg
トルコ5 (58).jpg
そして霧の濃いイスタンブールに着いた。
トルコ5 (51).jpg
何があったの??
トルコ5 (59).jpg
第一次大戦後のオスマン・トルコ帝国崩壊と連合軍の分割占領に蜂起したケマル・パシャと革命軍の像。
トルコ5 (62).jpg
レトロなトラム。
トルコ5 (63).jpg
トルコ5 (65).jpg
世界で一番短い地下鉄テュネル。
トルコ5 (66).jpg
トルコ5 (68).jpg
トルコ5 (67).jpg
ガラタ橋。朝早くなのに釣り人がたくさん。
トルコ5 (69).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カッパドキア その6 カイマクルの地下都市 [トルコ旅行記(10年11月)]

もう半年になるんだな…。いいかげん終わらせないと…。
絨毯を見た後でカイマクルの地下都市へ。
迫害から逃れるためにキリスト教徒が加工しやすい石灰の岩盤を彫って地下に巨大な住居を作った。枝分かれにメインの通路というのが無いので迷子になりそう。さらに立体的に通路があるので方向感覚も失う。閉暗所に恐怖を感じる人にはお勧めできない。
トルコ5 (7).jpg
トルコ5 (6).jpg
トルコ5 (5).jpg
トルコ5 (4).jpg
トルコ5 (9).jpg
トルコ5 (8).jpg
トルコ5 (11).jpg
お昼を食べたレストランのそばにて。この広大さは日本にいると感じられない感動だ。
トルコ5 (10).jpg
レストランが観光客用の店なのでお土産を売ろうと近所のおばちゃん達。一本の糸から複雑なレースを編んで見せてくれる。
トルコ5 (15).jpg
少し移動してアヴァノスにてトルコのアインシュタインと呼ばれる有名陶芸家であるガーリップさんによる陶芸の実演。後で彼の作品とその弟子たちの作品の販売も。
トルコ5 (17).jpg
そして首都のアンカラまでバスでひた走る。トルコの夕陽。フィルムスキャンで埃が入ってしまった。もう一度やり直そうか…。
トルコ5 (18).jpg
トルコ5 (25).jpg
途中でトゥズ湖の夕陽を見ようと止まってくれました。例年のこの時期のトゥズ湖は水が干上がっているそうですが幸運なことに残っていた。水の反射がとても綺麗。
トルコ5 (27).jpg
トルコ5 (26).jpg
参考までにフィルムとデジカメの画像比較↑フィルム↓デジカメ
IMG_3789.JPG
IMG_3797.JPG
そしてアンカラに着いた。向こうに見えるのはサッカースタジアム。ちょうど試合が終わった頃で人通りが激しかった。
トルコ5 (32).jpg
アンカラ駅。ここで寝台列車に乗ってイスタンブールまで戻る予定ですが、少し駅の中を散策。ほとんどバス移動なので疲れた。
トルコ5 (33).jpg
トルコ5 (34).jpg
トルコ5 (36).jpg
トルコ5 (37).jpg
パシャが乗ったといわれる車両の展示。このアンカラを首都に決めたのもパシャ。
トルコ5 (35).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カッパドキア その5 トルコ絨毯 [トルコ旅行記(10年11月)]

洞窟ホテルに魅了されてチェックアウトを惜しみつつ、次の目的地へ。ホテルマンからスーツケースを運ぶのにチップを求められる。まあ1トルコリラで済ませたけど。
トルコ4 (90).jpg
トルコ4 (91).jpg
『トルコで私も考えた』高橋由佳利著でもあった朝市の一枚。トルコの人は大体一週間分の食事をまとめて買うという。写真にはなかったが人の頭以上の大きさのあるキャベツも売ってた。
トルコ4 (98).jpg
トルコ4 (100).jpg
カッパドキアの街並みの美しさは強い日差しに石造りの建物が大地とマッチしているところ。
トルコ4 (99).jpg
トルコ4 (102).jpg
途中少しだけ立ち寄ることができたエセンテペ。高台から谷のパノラマ風景と自然にできた三本の「親子岩」が見られる。
トルコ4 (103).jpg
トルコ5.jpg
雄大なトルコのアナトリア地方(カッパドキアでもある)の大地。トルコでとても印象深く綺麗だと思った風景の一つ。
トルコ5 (2).jpg
IMG_3662.JPG
そしてトルコ絨毯のお店に。トルコに行くと買い物が多くて困る。お土産も多いがやはり魅力的なものが多い。今回の旅ではトルコ石ジュエリー、レザー衣類専門店、トルコ絨毯、最後にバザールを回った。
IMG_3665.JPG
ハンドメイドで絨毯を編んでいる所。働いているのは大体女性で年も学生から20代そこそこの若い人がやっている。頑丈な縦糸に染めた糸を手作業で編む。模様の構図を置いているがベテランともなると大体覚えてやっているという。使う糸の色の数、模様が複雑になるほど時間もかかり高価になる。
IMG_3676.JPG
IMG_3666.JPG
IMG_3674.JPG
端にある鍬のような道具は編んだ糸を櫛のようにすいて下に密着させる道具。一段が終わるとこれでガンガンと押さえつける。
IMG_3675.JPG
一段編み終えた糸をそろえる為に切るハサミ。
IMG_3673.JPG
切った糸は解してフェルトにしたりクッションの材料に使われるそうだ。
IMG_3683.JPG
シルクを作る窯。マユを窯で茹でて柔らかくし、奥のほうきのような道具でザッとマユを引っかいてシルクを取りだす。一本が極細なので実際にやっている所を見ても細くて判らず、近づいてからようやくわかる。
IMG_3688.JPG
そして品評会。色々な絨毯を見せてくれる。絨毯はウール、コットン、シルクと素材も様々。ハンドメイドは機械織りより高密度でほつれ難い。ウール素材の最初はゴワゴワしているが使うにつれて柔らかくなる。
IMG_3702.JPG
イスラムのお祈り用の絨毯。モスクの模様があるのが特徴。
IMG_3703.JPG
タペストリーも。

ここで一畳大ほどのウールの絨毯を買いました。ハンドメイドの工程を見せただけ結構値段が張ったかなと思いましたが現在使っていてとても満足。ウールは肌さわりが悪いのではないかと思っていたけど暖かいし、こたつとの相性もいい。

色々見せてくれましたがここで絨毯の豆知識を。

程良いサイズの絨毯を探してくれていると中からボロボロの絨毯が出てきました。ボロでも色も柄も素晴らしく、値段を聞くと他の同等のサイズの絨毯より高い。なぜ高いのかというと、これは遊牧をやっている家庭から取引して買ったもので、遊牧をする家族のオリジナルのデザインで、各家庭の世代から受け継がれてくるもので世界に一つしかないこと。普段から使っているものなので最初から絨毯が柔らかいこと。コレクターもいて高値で売買されているから。絨毯は補修すれば直せるもので、絨毯一つで代々使われるもの。家庭の財産が詰まったものと思えば高いのもうなづける。ただ少し小さかったので新しい方を選びました。
IMG_3699.JPG
絨毯はイスラム文化の芸術で模様はどれも素晴らしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カッパドキア その4 洞窟ホテル [トルコ旅行記(10年11月)]

日が暮れてトルコの洞窟ホテル泊まる。日が沈んでも空だけが明るく、どこまでも澄んでいて美しい。
トルコ4 (72).jpg
トルコ4 (73).jpg
トルコ4 (76).jpg
トルコ4 (81).jpg
夕食を食べたホテルの隣のレストランバイキング形式で朝食もここで食べた。
トルコ4 (80).jpg
トルコ4 (84).jpg
トルコ4 (85).jpg
トルコ4 (92).jpg
トルコ4 (77).jpg
トルコ4 (78).jpg
トルコ4 (82).jpg
トルコ4 (94).jpg
トルコ4 (83).jpg
IMG_3657.JPG
部屋の中は石灰岩の石造りのものすごく凝った部屋。豪華なジャグジー付。テレビはないがそこがいい。やはり上から石灰のかけらがポロポロ落ちてくる。
トルコ4 (89).jpg
トルコ4 (95).jpg
一夜明けてカッパドキア地方の朝。今日も快晴。
トルコ4 (96).jpg
トルコ4 (97).jpg
トルコ4 (88).jpg
絨毯を日干ししていた。
トルコ4 (86).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - トルコ旅行記(10年11月) ブログトップ