So-net無料ブログ作成

黒竜江省哈爾濱市 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

S0100101.JPG
大連北駅から中国版新幹線CRH、哈爾濱西駅(ハルピン西)駅に到着。日本と同じく新幹線は専用駅が多い。
S0100103.JPG
中国語ガイドはリンさんという人だった。現在ハルピンでも建築ラッシュでここ4~5年で筍のようにマンションが建ち並び、市内は様変わりしているという。
S0100104.JPG
S0100105.JPG
S0100106.JPG
S0100107.JPG
S0100113.JPG
S0100115.JPG
S0100119.JPG
S0100121.JPG
S0100124.JPG
S0100126.JPG
S0100131.JPG
ロシア国境に近いところでもあって今日の夕食はロシア料理のお店。店内はアールヌーヴォというか完全欧羅巴インテリアの高級感あふれる雰囲気。
S0100132.JPG
S0100141.JPG
店内を出ると丁度雨上がり。ハルピンの年間降雨量は500mm程で常に乾燥しているそうだがこの晩珍しく雨が降った様子。
S0100144.JPG
S0100153.JPG
今日のホテルに到着。フォーチュン・デイ・ハルビン。
S0100154.JPG
S0100155.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大連北駅⇒哈爾濱西(ハルピン西)駅 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

S0100050.JPG
中国版新幹線CRHの乗り心地は中々だった。2011年のあの事故の教訓は何か活かせられたのかしらと思いながらハイスピードで流れる外の風景を見ていた。
また終戦後、満蒙開拓団の人たちはこの広大な土地を着の身着のまま、我が子を背負い、野犬や盗賊、ソ連兵に脅えながら歩いていたと思うと胸に響く。この途方もない畑の中を、ただただ歩く心細さ。命がけの大移動だった。
若尾文子のデビュー作で『死の街を脱れて』(52年・大映)という映画がある。満州引き揚げの苦労が垣間見れる映画、お勧め。
S0100053.JPG
S0100055.JPG
S0100056.JPG
S0100058.JPG
S0100059.JPG
S0100060.JPG
S0100061.JPG
S0100063.JPG
S0100066.JPG
S0100069.JPG
S0100075.JPG
原発?
S0100076.JPG
S0100077.JPG
S0100080.JPG
S0100081.JPG
S0100082.JPG
S0100085.JPG
S0100086.JPG
S0100092.JPG
S0100094.JPG
S0100098.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中国・大連(ダーリェン)へ。 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

一年前の旅行を記事にしていきます。2015年5月末~6月の話。

毎年一回の家族旅行、私と姉と母の3人は今年はどこにしようと考えた先は中国、東北部。「いつかロシア国境付近の黒竜江省に行ってみたい。」と母は言っていたが、いいツアー先が見つからず、中国東北部を巡る旅にしようと決まった。旧満州あたりのこの地方は20世紀初頭は怒涛の歴史で日本も絡んだ大陸の数か国が絡んだ国勢の舞台にもなった場所です。見るべきものは多数あります。
IMG_6790.JPG
関空から大連国際空港へは2時間半ほど、機内食1回で「もう目的地?」といった感覚でついた。
IMG_6793.JPG
国内線並みの早さに驚く。
IMG_6796.JPG
到着した先は快晴。関空出発前は梅雨時で曇りがちな天気で、少し肌寒い感覚だったが大連は暑い。少し寒いかと防寒対策を少ししていたが拍子抜け。日差しも強かった。
S0100009.JPG
空港からバスで大連北駅に移動。中国版新幹線CRHに乗って哈爾濱(ハルピン)まで向かう。
大連北駅は2011年に開業。吹き抜けの大きな作りでとてもきれい。チケットを見せ、金属探知機を潜って駅の中に入る。
S0100011.JPG
出発まで少し時間がるので駅中の売店をブラブラ。青果も売ってる。新幹線の中で食べてもいいらしい。
S0100016.JPG
S0100018.JPG
S0100020.JPG
食べると千年生きるという蟠桃園の桃を孫悟空が盗み食いするという『西遊記』のエピソードがあるがこの果実は観賞用かな?食べると災いがありそう。
S0100021.JPG
大連は海に囲まれているので海鮮ものが多い。
S0100023.JPG
S0100024.JPG
S0100025.JPG
S0100027.JPG
S0100028.JPG
招き猫は日本発祥だと思うが商売繁盛の御利益の縁起物として中国でも人気になりつつある。風水に興味のない中国人もいるが縁起物に傾向する人は多い。
S0100029.JPG
S0100030.JPG
ハルピンまで904km、(東京~福岡間の距離885km)遠い。
S0100031.JPG
2時間ほど待って新幹線へ。プラットホームへはチケットを提示してモギリをしてもらってから入れる。プラットホームへは簡単に入れないようになっている。ゴミ箱もない。
S0100037.JPG
S0100038.JPG
S0100039.JPG
大連北駅から出発。少々振動はあるが静か。新幹線に余り乗らない私には十分静かに感じました。
S0100040.JPG
S0100043.JPG
大連北駅で買ったスモモを頂く。ハルピンまで4時間。
S0100046.JPG
S0100049.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行