So-net無料ブログ作成

スプリット観光:ディオクレティアヌス宮殿 その3 [クロアチア旅行記(14年6月)]

DSCF1191.JPG
ディオクレティアヌス宮殿北側の内門。
DSCF1192.JPG
DSCF1193.JPG
DSCF1194.JPG
見事な水平アーチ。ローマ時代のもの
DSCF1195.JPG
グルグール司教の左足の親指に触ると願い事が叶うらしい。
DSCF1198.JPG
DSCF1200.JPG
宮殿内は改築して住民が住むことができる。
DSCF1201.JPG
DSCF1207.JPG
DSCF1208.JPG
DSCF1209.JPG
DSCF1210.JPG
DSCF1211.JPG
DSCF1212.JPG
DSCF1213.JPG
DSCF1214.JPG
DSCF1215.JPG
DSCF1221.JPG
洗礼室
DSCF1222.JPG
DSCF1225.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スプリット観光:ディオクレティアヌス宮殿 その2 [クロアチア旅行記(14年6月)]

DSCF1162.JPG
半地下だった船を停めておける所から上がるとペリスティルといわれる宮殿の中庭に出る。
DSCF1164.JPG
大聖堂と鐘楼(しょうろう)、大聖堂はこの日大きなミサがあって観光客の締め出しがあった。鐘楼は後で入場料を払って入ることができたのだが怖い思いをする。
DSCF1165.JPG
DSCF1166.JPG
DSCF1167.JPG
DSCF1168.JPG
ルクソールという名のレストラン。
DSCF1170.JPG
DSCF1171.JPG
DSCF1173.JPG
DSCF1174.JPG
DSCF1175.JPG
DSCF1177.JPG
お土産屋に入ってローマ時代の建築をうかがい知れるところ。
DSCF1180.JPG
DSCF1181.JPG
DSCF1182.JPG
DSCF1184.JPG
DSCF1185.JPG
DSCF1186.JPG
DSCF1187.JPG
DSCF1188.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スプリット観光:ディオクレティアヌス宮殿 その1 [クロアチア旅行記(14年6月)]

プリトヴィツェからバスで4時間程、日が沈む頃、スプリットに到着(スプリトの表記もあり)。この日はバス移動にプリトヴィツェ観光とで疲れていた。
少し眠ると海が見えてきた。
DSCF1099.JPG
スプリットは今回スロベニア~クロアチア間のバスの運転をしてくれたゴランさんの住居があるところらしい。旅をしたちょうどその頃6月は観光客も少なく海で泳げるのでいい季節なのだと話してくれた。
DSCF1117.JPG
ホテルで一泊。朝からスプリット観光へ。
観光地へは近いのでほとんど歩き。この日は真夏に近い温度だったと覚えているが、海から近いこともあって湿度も高い。
DSCF1121.JPG
DSCF1124.JPG
スプリットのあるダルマチア地方は『101匹わんちゃん』のダルメシアンで有名。
DSCF1127.JPG
ディオクレティアヌス宮殿は3世紀末から4世紀初期にローマ皇帝ディオクレティアヌスによって建築された。スプリットの街の起源はここにあり、北はカルスト地形で断崖のようになっていて海に向かって緩やかな傾斜になっており、南は入り江になっていて、敵が陸からは攻められにくく、海からは発見しやすいという条件がそろっていた。
中世が終わる頃まで宮殿の存在事態がわからなくなっていたという。
DSCF1129.JPG
ミニチュアの地図。
DSCF1133.JPG
DSCF1134.JPG
ローマ時代は船が入れる場所だったそうだ。
DSCF1135.JPG
DSCF1136.JPG
DSCF1137.JPG
DSCF1140.JPG
DSCF1141.JPG
DSCF1142.JPG
ローマ時代のゴミ置き場。
DSCF1143.JPG
DSCF1144.JPG
ローマ時代の下水管。
DSCF1145.JPG
DSCF1146.JPG
DSCF1147.JPG
DSCF1148.JPG
DSCF1149.JPG
DSCF1150.JPG
DSCF1151.JPG
DSCF1152.JPG
DSCF1153.JPG
DSCF1154.JPG
DSCF1155.JPG
DSCF1156.JPG
DSCF1158.JPG
宮殿地下は涼しく、音も反響するのでコンサートホールのような扱いがされることがある。先日ファッション・ショーがあったというところ。
DSCF1159.JPG
DSCF1160.JPG
DSCF1161.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プリトヴィツェ湖群国立公園 その3 [クロアチア旅行記(14年6月)]

DSCF0986.JPG
DSCF0988.JPG
DSCF0989.JPG
国立公園のコース整備に寄付金を出した人の名を刻んだプレート。
DSCF0990.JPG
DSCF0991.JPG
湖畔を歩くはよいが道幅が狭く観光客は多いのでコースはすれ違いは危険だった。水かさは道ギリギリなので踏み外しそうで不安の連続だった。
DSCF0992.JPG
DSCF0993.JPG
DSCF0994.JPG
DSCF0997.JPG
DSCF1001.JPG
DSCF1005.JPG
DSCF1006.JPG
滝の種類によっては荒々しいものから穏やかな滝もある。ミルカ・トルニナ滝はソプラノ歌手として世界的活躍したクロアチア人女性の名前から取った。
DSCF1023.JPG
DSCF1026.JPG
DSCF1029.JPG
DSCF1030.JPG
DSCF1031.JPG
滝の真横を通る道はウッドデッキに水が掛かる状態のところもあるし、人の往来も激しいので足場が崩れないか足元が心配だった。カメラも構えてられないほど。
DSCF1033.JPG
DSCF1035.JPG
DSCF1036.JPG
DSCF1037.JPG
DSCF1038.JPG
DSCF1042.JPG
DSCF1043.JPG
DSCF1044.JPG
プリトヴィツェ大滝はここのシンボル。
DSCF1057.JPG
DSCF1062.JPG
DSCF1064.JPG
DSCF1065.JPG
スタートから歩きに歩いて3~4時間。バスへ戻った。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プリトヴィツェ湖群国立公園 その2 [クロアチア旅行記(14年6月)]

DSCF0922.JPG
19世紀後半から一大観光地に整備されたプリトヴィツェ湖群は1949年に当時ユーゴスラビア政府によって国立公園に。
1979年にはユネスコ世界遺産に登録されたが、91年のユーゴ解体の際にはセルビア勢力が占拠、95年にクロアチア軍が奪還した。
DSCF0925.JPG
DSCF0926.JPG
湖の渡し船。湖畔を歩いていくこともできるが遊覧も気持ちがいいもの。観光客もヨーロッパ各国から集まっている様子。
DSCF0927.JPG
DSCF0931.JPG
DSCF0932.JPG
DSCF0933.JPG
DSCF0935.JPG
DSCF0936.JPG
DSCF0938.JPG
DSCF0944.JPG
DSCF0947.JPG
DSCF0951.JPG
DSCF0953.JPG
DSCF0955.JPG
ここから歩き。お土産屋、休憩所のポイント。
DSCF0962.JPG
DSCF0964.JPG
途中「どこの国から来たの?」と英語で話しかけられた。その人はギリシャから来た人だった。
DSCF0965.JPG
DSCF0967.JPG
DSCF0970.JPG
DSCF0972.JPG
DSCF0974.JPG
DSCF0975.JPG
DSCF0976.JPG
DSCF0977.JPG
DSCF0979.JPG
DSCF0981.JPG
DSCF0984.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行