So-net無料ブログ作成

リュブリャナ旧市街 その2 [スロベニア旅行記(14年6月)]

スロベニアはユーゴスラビア連邦の崩壊に合わせて独立した小さな国。91年独立の際はユーゴスラビア連邦勢力(セルビア・モンテネグロはユーゴ解体を認めようとしなかった。)とスロべニア独立勢力と戦争になったが、わずか十日間で終了したことから十日間戦争と呼ばれている。独立反対の立場をとっていた強硬派のセルビアとは国境を接していなかったこと、スロベニア系人口が偏っていたことが短期間の戦争終結に大きく傾いた。反面クロアチアでは長らく内戦状態になってしまう。
DSCF0500.JPG
スロベニアの首都リュブリャナ旧市街を歩く。露店の古本屋さんは一冊1ユーロで投げ売り中。スロベニアは04年にEUに、07年に一早くユーロを導入している。
DSCF0501.JPG
DSCF0506.JPG
DSCF0507.JPG
リュブリャナ市庁舎
DSCF0509.JPG
市旗と国旗。
DSCF0510.JPG
DSCF0514.JPG
DSCF0516.JPG
DSCF0520.JPG
ここから三本橋。
DSCF0522.JPG
リュブリャナ城。時間がなかったので観光なし。ケーブルカーでいくこともできるが眺めがよさそう。
DSCF0524.JPG
フランシスコ会教会。
DSCF0525.JPG
プレシェルノウ広場にある詩人フランツェ・プレシェーレンの像。
DSCF0526.JPG
プレシェルノウ広場
DSCF0529.JPG
DSCF0527.JPG
DSCF0528.JPG
DSCF0530.JPG
三本橋は馬車から車へと交通量が増えた為に両脇を歩行者用に建増した為に三本となったらしい。
DSCF0532.JPG
DSCF0534.JPG
DSCF0531.JPG