So-net無料ブログ作成

ハルピン市内観光 その2 [中国東北部、旧満州の旅(15年6月)]

ハルピン市内は中国国内でもヨーロッパ建築が多い所。ロシアの影響下にあった時代が20世紀初頭。満州国家建設が1932年。白系ロシア人の移民も多かったが中にはナチスの迫害を恐れて移民してきたユダヤ人もいた。日本の傀儡国家だったが新国家建設に援助もあって近代的な建物が次々と建ったという。
S0100221.JPG
ロシア人と満鉄社宅、現在中国人が住む建物を後にした。
S0100222.JPG
聖ソフィスカヤ大聖堂へ。1907年、帝政ロシアの兵士の為の軍用教会として建築。当時は日露戦争の2年後。
S0100224.JPG
時々ウェディング姿の人がいた。
S0100225.JPG
S0100227.JPG
S0100228.JPG
S0100229.JPG
S0100230.JPG
S0100231.JPG
S0100233.JPG
S0100234.JPG
中はというと20世紀初頭の建築時の写真の展示。
S0100235.JPG
S0100236.JPG
S0100237.JPG
S0100238.JPG
S0100240.JPG
IMG_6801.JPG
IMG_6811.JPG
IMG_6814.JPG
IMG_6815.JPG
S0100241.JPG
今は使う人も読める人もいなくなったという満州文字。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0